FC2ブログ

SnapShot MyStyle

自己流撮影写真館

「流しの写真屋  渡辺克己」写真展

「流しの写真屋 渡辺 克己 1965-2005」写真展に行ってきました。


DSC00229s.jpg






P3231534s.jpg


渡辺 克己の自己紹介

お初にお目にかかりマス
 美しいポーズなんて、本買ってきて研究したわけです。
 うまく行かないんだな。ああいうのアメリカから来た本でしょ。
 体格がちがうんだから無理なんだ。
 だいたい顔を上向けて撮らせる人が多くて、こっちは足長くとろうと思って下からかまえる。
 やたらアゴばかり目立ってね。
 その点ゲイボーイはよく知ってたな。
 「アンタ、ダメね、ぜんぜんダメよ」
 なんて見ぬかれちゃう。
 「あたしが自分でポーズつけるわよ」
 ずい分教えられました。
 日本人は、ちょっとヘッピリ腰で撮るといちばんかっこよくなります。
        
                     (「婦人公論」四十八年十一月号より)




P3231535s.jpg






P3231536s.jpg


渡辺克己の文章

 調子に乗って撮っているとイイ事ばかりではない。
 女Aの写真を撮ったときに、Bから女Aの写真を欲しいといわれ、
 俺は女Aに断りなく焼き増しして男Bに渡したところが、
 男Cが現れて、俺は花園街の裏の暗がりに引っ張っていかれた。
 「テメー!ふざけた事すんじゃねえぞ」
 と言い終わらないうちに”バシ!!”と殴られたけど、
 どうして殴られたかわからないから、ジッと相手の眼を見る(ここが重要)。
 すると「何だその眼は!」 バシ!!
 「ハーすいません」
 ととりあえず言うけれども、俺はまだ分からないから、
 分からない眼をしていると(この辺も重要)、 また バシ!!
 こちらは(俺がこちらに表情が変った意味分かるかな)恐ろしいから、
 心の底から反省の色を眼に出そうと思っていると、
 やっと バシ!!も終わって、
 「分かったかよ。お前新宿で商売するなら、
  スジ通さないと殺されるぞ。
  別にお前をいじめてオトシマエを取ろうとしているんじゃねえんだぞ」。
 俺はここで、ほんとうに自分の不正が分かった。
 痛かったけれど、殴られて、ありがたかった。
 この人もイイヒトだったけど、どこかに消えてしまった。

                     (「話の特集」1973年9月号より)



P3231533s.jpg






P3231537s.jpg



生前、渡辺克己自身が二人の息子に残した文章がある。
30年間の仕事をまとめた写真集「新宿1965-97」が出版されたときのことである。

 息子 春吉君、
 世の中に悪い人はいません。悲しい人がいるだけです。
 春吉が大きくなってから考えてください。


 息子 二郎君、
 父ちゃんが32年かかって作った本です。
 困難がきたとき開けてみると何かヒントがあるかもしれないよ。





P3231538s.jpg



写真展に行った感想を書こうと思ったのですが・・・
ん~~~、なんて書いていいかわからない。というか、言葉では表現できなかったので、
写真展でもらったチラシのなかから文章を引っこ抜いて載せてみました。
その方が、何か伝わるだろうな~と思いまして。

私も17~18歳の頃、新宿歌舞伎町で、プラプラ遊んでいた人間なので、
展示されている1000枚もの写真の中には、時代がかぶっている作品もありました。
写っている人物の写真と一緒に、その人の人生や生活などをつづった文章があるのですが、
それがまた引き込まれるんですよね。
残念ながら、現在では渡辺克己の執筆文が掲載されている本は、絶版だそうです。
それが欲しかったのになぁ~・・・。
写真集も2種類しか今は出版されていないそうです。
会期中は何回でも入場できるパスポートチケットなので、また行ってみよーっと。



ちなみに、写真展は撮影禁止です。
私は撮影禁止の表示を見落として、どうどうと写真をパチパチ撮っていたところ
スタッフの方に注意されてしまいました。 どうもすいません。











 
スポンサーサイト



  1. 2008/03/24(月) 19:48:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<アラーキーの写真集 | ホーム | 自由>>

コメント

同時代の自分のいた場所を見られるのはいいですね~。
その頃、自分が撮られている写真って、実はあんまりなかったりするので、自分のいた場所だけでも回顧できると嬉しいですね。
  1. 2008/03/26(水) 01:00:37 |
  2. URL |
  3. ohkujiraT #-
  4. [ 編集]

ohkujiraT さんへ。

そうなんですよね!
考えてみると、私も遊んでいた若い頃の写真や、
昔住んでいた町の写真など、ほとんど撮っていないのです。観光に行ったときの写真とかは、あるんですけどね。もっと写真に残しておけばよかったなぁ~と思いました。
  1. 2008/03/26(水) 22:29:29 |
  2. URL |
  3. TAKA→ohkujiraT さんへ。 #OI7D8nFM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rainbowtaka.blog80.fc2.com/tb.php/444-d3ff4e27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

♪TAKA

Author:♪TAKA
使用カメラ
OLYMPUS E-510
Panasonic DMC-LX2-K
RICOH CAPLIO GX100

使用レンズ
ZD 11-22
ZD 14-42
ZD 40-150
ZD 70-300
LEICA D SUMMILUX 25mm


画像をクリックして御覧ください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する